天然魚は養殖魚と異なり、季節により品質が大きく変化し、美味しさも全く異なります。釣り人には外道扱いされるイズスミ。

冬場は脂がのり、匂いもなく美味。

鍋料理にもよく使われ、旨い魚に変身します。

釣った時に糞をするため、地元では通称ババタレと呼ばれている魚イズスミ。

下魚扱いされがちですが、海水温度が下がると体内に脂を溜め込み、非常に美味しくなります。

特に大型が旨く好まれます。

釣り人には外道扱いされるイズスミ。冬場は脂がのり、匂いもなく美味。鍋料理にもよく使われますが、旨い魚に変身します。釣太郎

 

雑学
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました