ボラは臭い魚の代表ですが、海水温度が下がった冬場は「寒ボラ」といい匂いもなく、脂がのり重宝する釣り人も多い。

天然魚は季節により、品質が大きく変わるのが特徴。これが養殖魚との決定的な違い。

冬季は越冬のため、脂を溜め込む魚が多く、ボラは「寒ボラ」と呼ばれ、旨い魚に変身します。

食べる時は活締めし、血抜きをすれば生臭さは大幅に激減し、美味しく食べれます。

騙されたと思って、一度お試しあれ。

ボラは臭い魚の代表ですが、海水温度が下がった冬場は「寒ボラ」といい匂いもなく、脂がのり重宝する釣り人も多い。釣太郎

 

雑学
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました