「サバを読む」

サバ

 

「サバを読む」という表現の語源については、いくつかの説があります。

このフレーズは、日本語で「うそをつく」や「ごまかす」といった意味で使われることが多いです。以下は、その主な説です。

  1. 鯖(サバ)が数えにくいことから:
    • サバは群れをなして泳ぐことが多く、その数を数えるのが難しいため、この表現が「ごまかす」や「誤魔化す」の意味で使われるようになったという説があります。数をごまかすことから転じて、一般的にうそをつくことを指すようになったとされます。
  2. サバの鮮度が落ちやすいことから:
    • サバは鮮度が落ちやすい魚であり、商売をする際に鮮度の落ちたサバを新鮮なものとして売る行為から、うそをつくことを指すようになったという説もあります。
  3. 江戸時代の魚屋の慣習から:
    • 江戸時代の魚屋がサバを売る際に、実際の重さよりも多めに表示して売っていたことから、この表現が生まれたという説もあります。

これらの説はいずれも定かではありませんが、いずれにせよ「サバを読む」は、何らかの形で事実を歪める、つまりごまかしやうそを指す表現として使われています。

この表現は日本独特のものであり、日本の文化や歴史の中で生まれた独特の言い回しです。

雑学
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました