魚の断面図 背骨の上部に神経、下部に血管が通っています。血を出せば、生臭さは大幅に軽減します。

日ごろ魚を食べているのは、魚の筋肉。

一般的には普通筋を食べています。

血合いも血合筋と呼ばれている筋肉。

生臭いというのはほとんど血なので、血抜き(心臓が動いている生きているうちに)をしっかりとし、血合いを取り除けば、生臭さは減ります。

もちろん鮮度が劣化すれば状況は異なりますが。

 

神経抜きを行う場合は、神経の穴に針金を差し込み処理します。

津本式などのノズルを使った血抜きなどは、血管に水圧をかけています。

 

魚体の大きな魚などは尻尾の下部を切ってやると、エラと尾っぽからも血抜きが出来るのでお勧めです。

釣り考察
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました