ヤマトカマス、タイワンカマス、アカカマス。波止釣り魚の違い、見分け方紹介。

季節になると群れで回遊し、防波堤から気軽に釣れるカマスですが、ひっくるめて販売されることも多いのですが、実は3魚種あります。

マスは最も少ないタイワンカマスから。

これだけがうろこが他と比べて大きく、側線が二本あります。

ホンカマスと呼ばれるアカカマスは最も美味しいとされています。

ヤマトカマスは別名ミズカマスと言われ、水分が多く干物やてんぷらに利用されます。

カマスは背びれが2か所に分かれており、頭に近いのが第一背鰭ですが、これと腹びれが同じ位置にあるのがヤマトカマス。

他の2種は腹びれが前にあります。

ヒレの位置、鱗の大きさ、側線で見分けることができます。

アカカマス、ヤマトカマス、タイワンカマスの違い説明。堤防釣り魚の見分け方説明。釣太郎

 

未分類
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました