どうして魚は、海の中で生きていけるの?

魚が海で生きられる理由:塩分調節のしくみ

魚が海で生きられる理由は、主に以下の2つのしくみにあります。

1. 鰓(エラ)による呼吸

魚は**鰓(エラ)**と呼ばれる器官を使って呼吸します。鰓は、魚の頭部にある左右対称の器官で、多くの細いひめ状の構造(鰓弁)から構成されています。

魚は口から取り込んだ水を、鰓弁の間を通過させます。水中の酸素は、鰓弁の薄く柔らかい膜を通して魚の血液に取り込まれ、同時に体内の二酸化炭素が水中に排出されます。

人間は肺で空気中の酸素を呼吸しますが、魚は鰓で水中の酸素を呼吸することで、海中で生きていられるのです。

2. 塩分調節機構

海水の塩分濃度は、人間の体液の約3倍と非常に高濃度です。もし人間が海水を直接体内に取り込むと、体内の水分が海水を薄めようと細胞から出てしまい、脱水症状や細胞死を引き起こしてしまいます。

しかし、魚は体内に塩分調節機構と呼ばれる仕組みを持っており、体内の塩分濃度を一定に保つことができます。

魚は、主に以下の2つの方法で塩分調節を行っています。

  • 余分な塩分の排出: 鰓にある塩類細胞と呼ばれる特殊な細胞を使って、余分な塩分を積極的に体外へ排出します。
  • 必要な塩分の取り込み: 腸から海水を取り込み、必要な塩分だけを吸収し、余分な水分は排出します。

このように、魚は鰓による呼吸と塩分調節機構という2つのしくみによって、高塩度の海水環境でも体内の水分や塩分濃度を一定に保ち、生きることができるのです。

海水魚と淡水魚の違い

海水魚と淡水魚では、体内の塩分濃度を調節するしくみに違いがあります。

海水魚は、体内の塩分濃度が海水よりも低いため、余分な塩分を排出する機能が重要です。一方、淡水魚は、体内の塩分濃度が海水よりも高いため、必要な塩分を取り込み、余分な水分を排出する機能が重要です。

また、海水魚と淡水魚では、腎臓の機能にも違いがあります。海水魚は、尿をあまり出さずに、体内の水分を節約する機能が優れています。一方、淡水魚は、多くの尿を出して、体内の余分な塩分を排出する機能が優れています。

このように、海水魚と淡水魚は、それぞれの環境に適応した独自の生理機能を持っているのです。

まとめ

魚が海で生きられる理由は、鰓による呼吸と塩分調節機構という2つのしくみにあります。

これらのしくみは、海水魚と淡水魚でそれぞれ異なる進化を遂げており、魚の多様性を支える重要な要素となっています。

海の中で魚は生きていける理由を教えて。釣太郎

タイトルとURLをコピーしました