もう少し寒グレ釣れそうです。今の時期はウキをスパっと消し込むようなアタリは少なく、少し沈むだけ。

寒グレは1月下旬から白子を持ったグレから釣れ

2月中旬から卵(真子)を持ったグレが釣れます。

この真子を持ったグレが釣れなくなったら、シーズンは一旦終わり。

お腹に真子を持ったグレは上下運動をせずに、横移動する個体が多く、

エサを少し吸って吐き出すの繰り返し。

感度の良いウキを浮かして、小さなアタリを捉えましょう。

 

産卵後体力を回復した口太グレは5月下旬から6月いっぱい釣れます。

これを梅雨グレと呼びます。

3月中旬から4月中頃までは、尾長グレのシーズンです。

潮通しの良い沖磯で狙えます。

釣り考察
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました