フエダイ(シブダイ)釣りポイント、エサ、仕掛けのご紹介。

内臓脂肪がオレンジのシブダイ。色が濃いほど脂がある魚。夏場が旬で、数日寝かせると非常に美味な魚で、釣り人にも人気が高い。フエダイとも呼ばれる。夏は和歌山南紀でシブダイ(フエダイ)釣りませんか?夜釣り、ブッコミ、スルスルスルルー釣り用針、エサ、ご用意しています。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣り餌のキビナゴは、目から針を通し背中に掛ける。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣りのマキエサはイワシスライス、ブロック、キビナゴがあります。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣りエサは、キビナゴが一番。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣りエサのイワシは、目から刺して背中にかける。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣りエサのイカは、抜刺しにする。釣太郎フエダイ(シブダイ)釣りエサ、タマン針20号ならキビナゴ2匹掛けができます。釣太郎シブダイ(フエダイ)ブッコミ釣りエサのご紹介。釣太郎シブダイ(フエダイ)は岩礁地域に生息します。狙うならすさみ、白浜、串本町がお勧め。釣太郎  シブダイの標準和名はフエフキダイ。非常に美味しい魚だが、数日寝かさなければ、旨くない。釣太郎       

タイトルとURLをコピーしました