メタルジグに寿命はあるのか

これは2年くらい使っているジグ。奇跡的に生き延び続けています。

岩にコンタクトして、塗装が剥がれてきています。

どのくらい使ったら使えなくなるのか・・・

 

正解は、本体さえなくさなければ永久に使える。です。

本体の塗装が剥がれても魚は食ってきます。

問題は、針が錆びてくる事。

サビが入り始めると、針先が脆くなり掛かりが悪くなります。

これでは、釣りの精度が落ちます。

ジグは針が命!といっても過言ではありません。

簡単に交換できますので、ご紹介。

 

ジグのリング接続

 

メタルジグは、このように組み合わせます。

 

ソリッドリングとスプリットリングは、プライヤーを使って接続します。

先端がカギ状になっているので、スプリットリングに差し込んで開閉します。

開閉したら、ルアーとフックやソリッドリングの接続を行います。

 

持っているジグが多いと、替えのフックとリングは多めに必要になります。

ケチって錆びたまま使うこともできますが、明らかに乗らなくなります。

釣果を求めるのであれば、予備を持つか、帰ってからの錆び取りは必須。

自分はいろんなジグを使うので、多くの種類や大きさの物を持ち歩いています。

 

パーツの役割を解説

ソリッドリング

つなぎ目のないリング。

ルアーと糸の接続に使います。

非常に強度があるので、大物とのやり取りも安心です。

スプリットリング

バネのような形状をしています。

ルアーとフックやソリッドリングを接続する、重要なパーツ。

メタルジグ

動きの要。

好きな形状やカラーを見つけると釣りが楽しくなりますよ!

フック

魚との唯一の接点。

ここがヤワだと話になりません。

一番気を使うべき場所ですね。

タイトルとURLをコピーしました