カン付針の結び方紹介。内掛け結び、外掛け結び、内掛け本結びのご説明。

注意点も付属しています。

ハリスを通す時は穴(環)の内側からが基本。

鈎を垂らした時、真っすぐになるようにしましょう。

 

管付き針はスルルー、ぶっこみ、夜釣り等の大物魚釣りの場合に使用します。

ハリスが太くなるため、括りにくい為、カン(穴)が開いています。

釣り針は結べばいいというものではなく、針がまっすぐに向くようにしなければ、アタリがあってもヒットする確率が低下するのでご注意ください。

釣り考察
スポンサーリンク
釣太郎ブログ
タイトルとURLをコピーしました